www.rehutgan.com

クラウドファンディングの種類と方法

日本におけるクラウドファンディングと言えば、本来である資金調達目的ではなく、宣伝効果や応援や寄付を求めるためのものという印象があります。
インターネットを通して不特定多数の人たちに自分のプロジェクトを提案し、同意してくれた人から支援金を受けるということがクラウドファンディングですが、その種類にもいくつかの方法があります。
非投資型は一切の見返りを求めないというものです。商品開発の為のものであっても、できあがった商品が送られてくることはありません。
逆に投資型はお金が返ってきます。この場合、時には投資額よりも上乗せされることもあります。
寄付型は見返りを求めるものではなく、社会的な問題や災害が起こった際の寄付金を集めることが目的です。お金が戻ってくることは一切ありませんが、その代わり社会的な活動参加になります。
購入型と呼ばれるものはお金が返ってこない代わりに、商品が戻ってくるというシステムです。
貸付型はお金を貸して欲しい企業に投資して、その代わりに利子を上乗せして返して貰うものですが、その際に企業側がプロジェクトに失敗するとリターンが受けられないというデメリットがあります。
自分の興味関心と、その先の利益などに合わせて参加するのが良いでしょう。
お悩みならばWelfundingがお奨めです。